通常の冷凍機で凍結した魚などは氷の結晶が細胞よりも大きく、細胞そのものが破壊されてしまい、解凍後にドリップとして旨味成分が流れ出てしまうので残念ながら魚介類本来の旨みと食感を損なってしまいます。しかし、当社推奨の究極の冷凍技術を用いれば細胞を壊さずに瞬間凍結できるため、ほとんどドリップが出ず、魚介類の獲れたての旨みと食感をそのまま味わうことが可能となるのです。

その究極の冷凍方法とは 「アルコール凍結」 です。 -30℃に冷えたアルコール液の中に商品を投入すると瞬時に凍結を開始し、厚さ2㎝ほどでしたらおよそ10分ほどで凍結を完了してしまいます。その凍結速度は、なんと通常冷凍の20倍もの速さです。しかも氷の結晶が非常に小さいため商品の細胞を壊さずに瞬間凍結するのでドリップもほとんど出ず、獲れたての味をそのまま瞬間パック出来ます。この究極の冷凍技術で魚介類本来の最高の美味しさを是非ご堪能下さい。

業務用として伊東港で水揚げされた魚介類を凍結も可能です。飲食店経営もしくは関連の御客様も是非、お問い合わせください。